下手くそが頑張るブログ

麻雀とか遊戯王とかポケモンとか

ポケモンUSUMS14最高・最終1位(2215) 誤魔化しリザカグヤ

はじめに

 初めまして、スティーラー(TN:ナツメ)と申します。

 タイトルの通りですが、ポケモンUSUMS14にて最高・最終1位(2215)を達成できたので初めてとなるポケモンの構築記事を書かせて頂きます。

 拙い文章・内容ですがご容赦ください。

 

並びとQR

並び→

f:id:Level_Eater:20190402161839p:plain

QR→ https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-416D-BC4B

 

証拠画像

f:id:Level_Eater:20190402184908j:plain

 この次の試合が9時以降に終わったため最終の画面は撮れませんでした。

 何で2200以上なのにまた試合をしたのかをよく聞かれましたが、

 ”レート2000以上の経験が無くて普通はやめるらしいことを知らなかったから”です。

 

 結果論ですが無事勝ててレート1位になりました。

f:id:Level_Eater:20190403202019j:plain

 

構築の詳細

以下常体

テッカグヤ

慎重H252 A4 B4 D228 S20 (204-122-124-*-165-84) @たべのこし

ヘビーボンバー、みがわり、宿り木の種、守る

f:id:Level_Eater:20190402162914j:plain

調整

 H:最大値

 A,B:端数(乱数が変わることが多い) 

 D:効率意識の11nで最大

 S:無振り60族あたりを意識

 

 構築の軸。レヒレなどの特殊ポケモンを後出しから受け、身代わりの起点に出来る。物理もランドロス程度なら起点に出来、後述のリザードンの鬼火と合わせれば受けられる範囲は更に広がる。宿り木→身代わりで大抵は起点に出来る最強ポケモン

 オバヒ、ボルチェン、めざ氷、どくどくみたいな技構成のヒートロトムは身代わりテッカグヤが重くむしろカモ。

 ナットレイカミツルギに何も出来ないが、これらはリザードンで対処出来ることが多い。守るを隠せば火炎放射を警戒させることも可能。

 有利対面の安易な守るはハイリスクハイリターンなので慎重に行った。有利対面宿り木はよくやる。

  やどみがにより多くのポケモンを誤魔化せる。

 

リザードン

腕白H252 A68 B124 D4 S60 (185-113-125-*-106-128) @リザードナイトX

          メガ後(185-159-161-*-106-128)

ドラゴンクロー、ニトロチャージ、鬼火、羽休め

f:id:Level_Eater:20190402164115j:plain

調整

 H:最大値かつ奇数

 A:252-4振り刃ギルガルドをニトチャで確定

   火傷と合わせて、威嚇でA-1でもH197B151ボーマンダの起点にならない

 B:余りを振り切った。目安としては

  特化ランドロス地震耐え(火傷で2耐え=羽休めで受けられる)

  1舞特化メガボーマンダの捨て身タックルを75%の確率で耐え

 D:端数

 S:S+1でゲッコウガ抜き、+2でスカーフウツロイド抜き

 

 選出することが多かった腕白リザードン。強いと言うより環境に刺さっていた気がする。陽気が多い鬼羽リザXを腕白で採用した理由は

 ・後述のガブリアスミミッキュによる疑似積み展開によりこちらがニトロチャージ状態or相手が岩石封じ状態でスタートできることが多い

 ・上から鬼火を入れないと間に合わないのはランドロスだが、ランドロステッカグヤでも受けられる

 ・鬼火込みで一致地震すら受けられる耐久値を確保出来る

ため(陽気鬼羽の使用経験は無し)。相手がS関係や耐久を誤認してくれることは多かった。

 技はニトチャ、鬼火、羽休めまで確定で、残りはデメリットがなく一貫して火力が出せるドラゴンクローを選択。カプ・レヒレヒードランには何も出来なくなった。

 鬼羽リザはステロが痛いし電気を受けたいから先発、といった話をよく聞くが後発での運用がほとんどだった。理由は先述の擬似積み展開が決まればHP半分スタートでも戦える上に、キツい相手にはテッカグヤから出すことも出来るから。

 タイプでリザY・ウルガを受けることも。

 S+1で130族を抜けないが、コケコやゲンガーを抜かすメリットよりも耐久の底上げを取った。陽気ガッサは意地個体が多いことや展開の成功などもあるので切り。正直Sを伸ばしたいが削れるところが見つけられず。

 鬼火+高速回復技により物理アタッカーを誤魔化せる。

 

ガブリアス

陽気H124 A4 B4 D124 S252 (199-151-116-*-121-169) @ヤチェのみ

地震、岩石封じ、ステルスロック、吠える

f:id:Level_Eater:20190402170901j:plain

調整

 H:8n-1(おまけ程度の数値合わせ)

 A:端数。H振りメガゲンガー地震で倒せる程度の火力はある。

 B:端数。陽気グロスの冷凍パンチ+バレットの乱数を意識したかったが、Aラインが様々過ぎて断念。ただ大抵は耐えられるっぽい。

 D:ゲッコウガ意識。具体的には

   持ち物補正無し冷凍ビーム+水手裏剣3発をほぼ耐え、珠ゲッコウガの冷凍ビームを最高乱数切り耐え

 これでB<Dにもなった。

 S:最速。100族と霊獣ボルトロス抜き

 

 先発要員その1。ステロ要因と化した †主人公† ガブリアス

 耐久値+ヤチェの行動保障によるステロ岩封展開、電気の一貫切りが役割。テッカグヤでは重いリザードンの抑圧もして欲しい。ヤチェと合わせて対電気性能は抜群だった。

 電気無効のステロ要因がほとんどゲッコウガの冷凍ビーム+手裏剣や水Zで縛られてしまうので、ゲッコウガに対して強気な選択が出来て電気無効でリザにも強くてボルトロスよりも速いステロ+岩石封じ枠として欠かせない存在だった。

 リザ、ウルガ入り相手では初手選出を強いられる。

 ステルスロックテッカグヤと相性が良く、

・やどりぎ解除の為の交代に負荷をかけられる

テッカグヤに投げられる炎タイプによく刺さる

といったシナジーがある。

 ボルトロスの電気技に合わせて繰り出したり、瞑想コケコやニトチャリザYのめざ氷や舞ったギャラドスの氷の牙でヤチェのみが発動したり、ミストフィールド下でアーゴヨンの竜Zを耐えたりとストッパーにもなれるので安易に切ってよいかは考える必要があった。

 ガブリザと並べて少しでもリザの型を誤魔化したかったが、実際どこまで意味があったのだろうか。

 

ミミッキュ

臆病H4 B92 D156 S252 (131-85-112-*-145-162) @バンジのみ ※A0個体

呪い、電磁波、身代わり、痛み分け

f:id:Level_Eater:20190402173217j:plain

調整

 H:痛み分けと呪い意識の4振り

 B:不一致イカサマを身代わりが75%で耐え

   特化ランドロス地震確定耐え

 D:呪い後にゲッコウガの冷凍ビームを最高乱数切り耐え

  ミミッキュの身代わり破壊調整のドヒドイデの攻撃を身代わりが耐え

 S:最速。臆病テテフ抜き。

 

 先発要員その2。電磁波呪いによる嵌め・荒らし・起点作成をこなす。おまけ程度のバトンやゴーリ対策。

 鬼火が効かない炎タイプに状態異常を入れられる。テッカグヤや後述のゲンガーの起点作りとして優秀だった。

 サイクル系統相手には呪い嵌めを行い、相手が交換したら麻痺を入れたり再展開したりで荒らして後続の動きやすい環境を作った。蜻蛉返り持ちのランドロスとボルチェンコケコが辛くコケコランド相手には選出しづらい。

 1ターン目で電磁波を外ししても耐久値のおかげでもう1チャンス生まれるが、電磁波を見て相手が交代してくる可能性も考えるようにした。

 木の実は性格バレと混乱防止の為にバンジかイアの2択。

 電磁波で高速ポケモンを、呪い身代わりで低速ポケモンを誤魔化せる。

 

ゲンガー

臆病 B4 C252 S252 (135-63-81-182-95-178) @ゲンガナイト ※A0個体

      メガ後(135-63-101-222-115-200)

ヘドロ爆弾、祟り目、催眠術、身代わり

 

f:id:Level_Eater:20190402174852j:plain

調整

 B:端数

 C:最速条件のもと最大値

 S:最速

 

 素催眠ゲンガー。かげふみをいかして相手を倒すのが仕事。催眠術はあくまでサブギミックだが汎用技。

 滅びゲンガーと迷ったが対ナットドラン性能を見てこの型を採用。

 技構成は

  ・一致高火力のヘドロ爆弾(ウェーブでないのは追加効果狙い)

  ・ミミッキュの電磁波と合わせて相手を処理できる祟り目

  ・呪い、宿り木とシナジーがある身代わり

  ・祟り目、身代わりとシナジーがある催眠術

 で確定させた。

 HPが低いおかげで無理やり交代してかげふみやどみがで嵌めることも出来る。メガ前は相手に交代を許すので安定択として身代わりを押したくなるが、無理やり繰り出すこともあるのでHP管理は大事。

 いわゆる運勝ち製造ポケモンではあるが、負け試合を数割の確率で勝ちにすることで結果的に勝率は上がると思う。

 催眠を当ててきつい相手に勝てたりもするのでこいつもかなりの誤魔化し枠。

 

カプ・レヒレ

控えめH236 B4 C244 D4 S20 (175-77-136-160-151-108) @水Z ※A個体値12は意味なし

ハイドロポンプムーンフォース、めざ炎、瞑想

f:id:Level_Eater:20190402181747j:plain

調整

 H:16n-1

 B:ステロ込みで特化マンダの捨て身確定耐え

 C:瞑想効率を考えての2nで最大

 D:端数

 S:余りぶっぱ

 

 Zが余っていて勿体なかったのでZ枠として採用。気持ち程度のバシャギャラ対策だが、本業はナットレイ絡みのサイクル(主にナットドラン)を崩壊させること。そのための技構成。刺さっている構築にはめっぽう強かったが、刺さっていない限り選出しなかった。ダントツで選出率最下位だがメインのポケモンたちでは対処が難しい並びに対して強いポケモンで、カバルドンの対策枠でもあった。

 モブポケモンだったので調整は適当になってしまっている。HDに厚いヒードランに怯えてCを伸ばしたがもっといい調整があると思う。

 

 

 

 

おまけ:過去のお話

f:id:Level_Eater:20190402155926j:plain

 これが過去最高レートでした。

 また、「早稲田大学ポケモンサークル最強」という方がPスポに出ていたのですが、「ポケサーに入ってないだけで早稲田大学最強は俺だ!」といった感じでイキリ散らしたかったのでいつかレートを伸ばしたいなと考えていました。

 

 そんな中、わざわざ東京から関西まで行ってRFBに参加したくらいには動画投稿者のあみゅさんが好きなので、最近あみゅさんの人事シリーズを見てモチベーションが上がったこともあってシーズン14は頑張ってみようと思いました。皆さんも是非ご覧ください、素晴らしいシリーズだと思います。

人事シリーズのリンク(許可済み)→ 

https://www.nicovideo.jp/mylist/64555694?_topic=nicovideo_user_mylist_add_video

  

 そんなこんなで十分すぎるほどの結果が出せました。

 

謝辞 ・感想

 対戦してくださった皆様ありがとうございました。また最終日に回線エラーで一度切断してしまいました。申し訳ありませんでした。

 2000を目標にやっていてまさかこんな結果が出せると思っていなかったので非常に嬉しいです。ツイッター上でお祝いリプをくださった皆様もありがとうございました。

 

追加記事

 この記事で書くと冗長になってしまうと思い省略した内容をまとめたものを作りました。

(リンク:https://level-eater.hatenablog.jp/entry/2019/05/17/194335

 大したことは書いてないです。

 

終わりに

 ここまで読んで頂きありがとうございました。質問やコメント等ありましたら何なりとお書きくださいませ。ツイッター(@LevelEater_YP)でも大丈夫です。それでは。